@京都 祇園JTN「語りと唄の春の夜会」with中崎あきこ(jazz singer)

4月23日(土)、夜と大人の街、祇園花見小路のほぼ真ん中のjazz barで開かれた「語りと唄の春の夜会」。
MAX25席が、満席の状態で開会。
第1部は、栗山の唄と大人の絵本語り。
第2部は、ジャズ・ポップスシンガー中崎あきこさんのピアノと唄で、懐かしい映画音楽の世界。
眼下にひろがる祇園の石畳に映る灯りをときに見下ろしながら、
おもいおもいのお酒を片手に
静かで優しい大人の時間を堪能しました。
改めまして。
ご来場の皆様、遠路はるばるおいでいただき、ありがとうございました。

ジャズ写真1 ジャズ写真2

シックな造りのお店は、大きなグランドピアノが印象的。
壁面一面のボトルがキラキラ光って美しい空間。

お客様の選ぶお酒に、
それぞれの人生がそれとなくあらわれて。

曲の間は、
本場大阪ノリあきこさんの絶妙の突っ込みと、
栗山のいなしに、始終抱腹絶倒。

2016ジャズ写真3

ライブ後の大熱唱。さらなるヒートアップの様子はブログ「栗の木ノート」で。

あきこさんと栗山。

むかし一時出会い、
お互い過去の存在であった二人が 昨年
ふと、数十年ぶりに出会って、
今この場で共に唄っている不思議。

なんだか春の夜会そのものが、ちょっとした名画。

出会いの不思議。祇園マジックの夜でした。

(o記)

戻る