宮沢賢治さんを絵本でみる・きく会「月イチ賢治」(3)

2017年3月17日(金)
『水仙月の四日』(画:黒井 健)

音楽:中崎あきこ

月イチ賢治3月-1 月イチ賢治3月-2

今月も多くのお客様にお運びいただき、ありがとうございました。公演につづき、ゲストの松田素子さんから、「水仙月の四日」の背景や制作にまつわる興味深いお話をたくさんおききできました!

(写真左)右端が松田素子さん。
数々の本や雑誌の編集に携わられ、現在はフリーの編集者をされてます。
作品づくりの参考にと、作画の黒井さんに
物語のキーワード「やどりぎ」の実物を送り、黒井さんに驚かれたとか。

(写真右)黒井健さんの原画。
物語の冷たさを表現すべく、まず、パソコンにイラストを取り込み(上の画)、
ムチなど無機質なラインをパソコンで描画、その後、上から手書きで描き込んでいかれた(下の画)とのこと。
パソコンも画材の1つなのだ!

戻る